真鍋研12期院卒、平林勇一さんの著書「あ、火の見櫓!」が出版されました

大学院卒業後に真鍋研の助手を経て、現在は長野県松本市で設計事務所に勤める平林さんは、2010年5月から足掛け10年かけて長野県内外の「火の見櫓」を観察し続けてきました。2017年からはブログに記事を書き始め、今年9月に「あ、火の見櫓!」という本にまとめて出版されました。
カラー写真300点を載せ、火の見櫓の魅力を分かりやすく紹介しています。
地元のテレビ、ラジオ、新聞などのメディアで取り上げられ、書店でもベストセラーになっています。
ご購入、お問い合わせはこちらのリンクからお願いいたします。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる